消防団の操法訓練と団員の定年制について

操法大会の訓練は、大会のための訓練に感じ、なんのためにしているのかわかりません。実際の火災や風水害、震災を想定した訓練や勉強会等に時間を割くべきではないでしょうか?

また、消防団に定年制を設けるべきではないでしょうか?

(30代 男性)

回答

消防ポンプ操法は、規律や器具の取り扱い方法の習得と団員間の結束力を高めるために必要であると考えています

日頃から、消防・防災行政につきまして、ご理解ご協力いただきありがとうございます。また、消防団員として地域防災力の充実強化のため活動していただいていることに心より感謝申し上げます。

操法訓練についてですが、規律、礼式、器具の取り扱い等の消防団員としての基本の習得と訓練を通して団員間の結束力を高めることを目的としており、火災現場において冷静な消火活動ができる能力を培えるものと考えております。
もちろん、消火活動に限らず風水害や震災への対応をはじめ、火災予防啓発などの予防活動など消防団の活動範囲は多岐にわたっていることから、操法訓練以外の実火災想定訓練、水防訓練などについても、火災予防運動週間などの機会に適宜取り組んでいるところです。

また、定年制についてですが、消防団を取り巻く環境は、近年の就業構造の変化や地域コミュニティの変容などに伴い、消防団員数の減少や高齢化、在籍期間の長期化など様々な問題に直面しておりますが、消防力の維持など、各地域それぞれに抱える課題があり、一律に定年制を導入することは困難であると考えています。

本市といたしましては、今回のご意見を参考に消防団員の負担軽減及び魅力ある消防団づくりのため、訓練のあり方も含め、多方面から研究して参りたいと考えます。今後とも消防団の活動、運営に対するご理解ご協力をお願い申し上げます。

担当課

消防本部 総務課

この記事に関するお問い合わせ先

市長公室 秘書広報広聴課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0110 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2019年07月10日