令和3年度 京丹後市テレワーク環境整備支援補助金

趣旨

京丹後市では、市内にワーケーション等拠点の拡大を図るため、市内民間事業者が行うテレワークのためのWi-Fi整備や、コワーキングスペース開設のための施設改修、設備整備を支援します。

 

※テレワーク : ICT(情報通信技術)を活用し、時間及び場所を有効に活用できる柔軟な働き方

※コワーキングスペース : 様々な属性の労働者及び学生が、机、椅子、情報通信設備及び会議室等の実務に必要な設備を共有しながら、テレワークや利用者同士の交流等を行うことができる場所

対象事業

テレワークのためのWi-Fi整備、コワーキングスペース開設のための施設改修、設備整備

※他の制度により補助金を受けている場合は、当該対象経費は対象となりません。
 

補助対象事業者

次の1から3までの条件をすべて満たす事業者

  1. 市内でテレワーク施設もしくはコワーキングスペースを運営しているまたは運営する見込みであること。ただし、特定の事業者が継続的に使用するためのものを除く。
  2. 市税等(京丹後市税条例(平成16年京丹後市条例第80号)第3条に規定する市税、同条例第19条に規定する延滞金及び同条例第21条に規定する督促手数料をいう。)の滞納がないこと。
  3. 京丹後市暴力団排除条例(平成24年京丹後市条例第39号)第2条第4号に規定する暴力団員等でないこと。

補助対象経費と補助金額

下記のとおりです。ただし、補助金は予算の範囲内で交付しますので、交付決定をした場合でも、交付決定額は申請額を下回る場合があります。

対象経費

情報通信設備等の整備、施設等の改装及び備品購入に要する経費

※国またはその他団体が実施する補助制度等の対象となる場合は、本市補助金の補助対象としないものとする

補助率等 【補助率】対象経費の2分の1以内(千円未満切り捨て)
【上 限】50万円

申請について

申請期間

令和3年5月24日(月曜日)から6月30日(水曜日)まで

申請方法

上記申請期間内に「京丹後市テレワーク環境整備支援補助金交付申請書」に下記書類を添付し、商工振興課に提出してください。採択の可否については、審査後、文書で通知します。

 

また、事業完了後30日以内または令和4年3月31日(木曜日)のいずれか早い日までに、「京丹後市テレワーク環境整備支援補助金実績報告書」に下記書類を添付し、商工振興課へ提出してください。(実績報告を提出されない場合は、補助金は交付されません。)

交付申請書・実績報告書に添付する書類

 

交付申請

■ 事業計画書(別紙1)(Wordファイル:75KB)

 ※内装及び外観の写真、図面等を添付してください。(写真については整備着手前のもの)

■  見積書の写し等費用積算の根拠となる資料

実績報告

■  事業実施報告書(別紙2)(Wordファイル:58.5KB)

  ※完成した内装及び外観の写真等を添付してください。

■  対象費用の領収書(明細書含む)の写し等支払証拠書類

 

募集要項

注意事項

  • 市税(延滞金、督促手数料を含む)の滞納がある場合は、交付を受けられません。
  • 消費税および地方消費税は対象となりません。
  • 補助金は、予算の範囲内での交付となります。予算が不足する場合は、交付できない場合もあります。
  • 補助金の交付は、事業完了後に「実績報告書」を提出した後になります。
  • 途中で事業計画を変更するときは、「京丹後市テレワーク環境整備支援補助金変更承認申請書」の提出が必要です。
  • 事業を採択した場合、補助事業者名および補助事業の概要をホームページ等で公表することがあります。あらかじめご了承ください。
この記事に関するお問い合わせ先

商工観光部 商工振興課
〒629-3101
京都府京丹後市網野町網野385番地の1(ら・ぽーと)
電話番号:0772-69-0440 ファックス:0772-72-2030
お問い合わせフォーム

更新日:2021年09月06日