「シルクサミット2020 in 丹後」の開催について

 日本全国それぞれの地域で、養蚕・製糸・染め・織り等の生産活動をしている方や、博物館・資料館で地域の方と一緒になって活動している方、絹工房等の地域活動をしている方々が、相互に意見交換や情報・技術の交流を行うことを目的として、「シルクサミット2020 in 丹後」を開催しますので、お知らせします。

 詳細は、「シルクサミット2020 in 丹後」のご案内(PDFファイル:1.5MB)でご確認ください。

 

シルクサミット2020チラシ

日時

令和2年10月23日(金曜日)から24日(土曜日)

場所

アグリセンター大宮(京丹後市大宮町口大野228番地の1)

参加費

無料

内容

【第1日目 シルクサミット 10月23日(金曜日)13:40~17:00】

〇基調講演

テーマ:「丹後ちりめん創業300年 世界の絹織物産地を目指して」

丹後織物工業組合 理事長 今井英之 氏

 

〇活動事例報告

1.「遺伝子組換えシルクの利用」

 農業・食品産業技術総合研究機構 上級研究員 飯塚哲也 氏

2.「丹後ちりめんを用いた窮極のサスティナブル着物について」

 大妻女子大学 教授 阿部栄子 氏

3.「新シルク事業化をめざしたカイコのバイオテクノロジー研究」

 国立大学法人京都工芸繊維大学 教授 小谷英治 氏

4.「ひらく織の取組について」

 ひらく織実行委員会 委員長 高岡徹 氏

5.「丹後ちりめんの特徴及び用途を展開する取組について」

 京都府織物・機械金属センター 主任研究員 徳本幸紘 氏

 

※終了後、同会場において、講師の先生を交えた意見交換会を行います(参加無料)。

        

【第2日目 産地視察 10月24日(土曜日)9:00~12:30】

【視察先】

・丹後織物工業組合中央加工場

・丹後ちりめん歴史館

※バスでの周遊を予定しています。

 また、終了後は、京都丹後鉄道天橋立駅で解散となります。

 

事前申込み及びお問合せ

「シルクサミット2020 in 丹後」への参加は、事前申込みが必要です。

ホームページからお申込みいただくか、シルクサミット事務局宛に、郵送またはファックスで参加申込書をご提出ください。

また、不明な点等ございましたら、シルクサミット事務局にお問い合わせください。

 

「シルクサミット2020 in 丹後」のホームページはこちら

 

【シルクサミット事務局】

郵便番号:305-8634 

茨城県つくば市大わし1-2

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 新特性シルク開発ユニット内

電話番号:029-838-6101

ファックス:029-838-7106

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光部 商工振興課
〒629-3101
京都府京丹後市網野町網野385番地の1(ら・ぽーと)
電話番号:0772-69-0440 ファックス:0772-72-2030
お問い合わせフォーム

更新日:2020年09月24日