京丹後市商工業支援補助制度

概要

京丹後市商工業支援補助制度は、市内中小企業者等が下記の事業を実施された場合に、その費用に対して補助金を交付する制度です。

対象となる事業

対象となる事業は下記の事業です。ただし、補助対象事業が下記の複数に該当する場合は、いずれか1つの事業にのみ申請を行うことができます。また、他の制度により補助金を受けている場合は、申請を行うことはできません。

1

ブランド戦略PR事業

(1)新商品・新製品開発事業
市内中小企業者等が、オリジナルの新商品・新製品・新サービスなどを開発するため、年間1テーマに絞って市内の企業またはグループが開発を行う事業です。規格・構造など、全く新たな商品・製品の開発が対象です。

(2)国内外販路開拓促進事業
市内中小企業者等が、自ら開発した製品およびサービスなどの販路を開拓するため、展示会への出展などを行う事業です。不特定多数の来場者が見込まれる展示会などへの出展事業または自らが主催する催事開催事業で、府外で2日間以上連続して行われるものに限ります。
※ただし、対象経費の合計が20万円に満たない場合は、対象となりません。

2

知的財産権取得支援事業

市内中小企業者等が、自ら開発した製品等の高付加価値化を目的に、知的財産基 本法(平成14年法律第122号)第2条第2項に規定する知的財産権(特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権等)の取得を行おうとする事業です。
他の事業者等から知的財産権の譲渡または実施許諾を受ける場合、専ら取得した知的財産権を他人に譲渡しまたはその使用に供することにより利益を得る目的をもって行うものは除きます。

3

産学連携研究等促進事業

市内中小企業者等が、市内産業の高度化や新産業の創出等を実現するため、原則年間1研究テーマに絞って、大学等研究機関と連携し研究を行う事業です。

4

事業承継支援事業

市内中小企業者等が、事業承継を目的として実施する事業です。

補助対象経費と補助金額

下記のとおりです。ただし、予算との関係から、これを下回ったり、交付されない場合があります。

1.ブランド戦略PR事業

(1)新商品・新製品開発事業

対象経費 開発のための原材料費、設計費、試作費、外注加工費、委託費、謝金(開発が外注加工・委託のみによる場合は補助対象外になります。)
補助率等

3分の1以内(千円未満切り捨て)。ただし、1つの事業への補助は2年度間のみとし、合計30万円(新商品を製造するための機械器具の製造開発に係る場合は50万円)を上限とします。

(2)国内外販路開拓促進事業

対象経費

出展小間料、会場使用料、備品借上料、小間内装飾費、広告宣伝料、旅費(宿泊費含む。)、運搬費、宣伝販売員業務委託料(家族従業員及び社員は除く。)、通訳・翻訳料

補助率等

2分の1以内(千円未満切り捨て)。ただし、1つの事業への補助は1年度限りとするとともに、補助金の交付は1中小企業者等につき年1回を限度とします。また、国内で行うものにあっては20万円、国外で行うものにあっては40万円を上限とします。

2.知的財産権取得支援事業

対象経費 弁理士依頼料、出願料、審査請求料、翻訳料
補助率等

2分の1以内(千円未満切り捨て)で上限20万円を補助します。ただし、1つの事業への補助は1年度限りとするとともに、補助金の交付は1中小企業者等につき年1回、かつ、当該事業が複数年度に渡る場合にあっても、1事業につき1回を限度とします。

3.産学連携研究等促進事業

対象経費 研究等のために大学等研究機関に対して支払う研究経費等
補助率等

2分の1以内(千円未満切り捨て)。ただし、1つの事業への補助は2年度間のみとし、100万円を上限とします。

4.事業承継支援事業 

対象経費  専門事業者(税理士事務所、会計事務所、法律事務所、コンサルティング会社等)に対して支払う費用等
補助率等

2分の1以内(千円未満切り捨て)で上限20万円を補助します。ただし、1つの事業への補助は1年度限りとするとともに、補助金の交付は1中小企業者等につき年1回、かつ、当該事業が複数年度に渡る場合にあっても、1事業につき1回を限度とします。

注意事項

  • 市税(延滞金、督促手数料を含む)の滞納がある場合は、交付を受けられません。
  • 交付決定を受ける前に事業に着手する場合は、「事前着手届」の提出が必要です。
  • 消費税および地方消費税は対象となりません。
  • 補助金は、予算の範囲内での交付となります。予算が不足する場合は、交付できない場合もあります。
  • 補助金の交付は、事業完了後に「実績報告書」を提出した後になります。
  • 事業を採択した場合、補助事業者名および補助事業の概要をホームページ等で公表します。

交付申請書・実績報告書に添付する書類

1.ブランド戦略PR事業

(1)新商品・新製品開発事業

交付申請
  • 新商品、新製品開発計画書
  • 費用積算書
  • 見積書(明細書含む)の写し等費用積算の根拠となる資料
  • その他参考となる資料(設計書、完成モデル図等)
実績報告
  • 新商品開発結果報告書
  • 完成品(困難な場合は完成写真)
  • 費用精算書
  • 対象費用の領収書(明細書含む)の写し等支払証拠書類
  • その他参考となる資料(開発経過の写真等)

(2)国内外販路開拓促進事業

交付申請
  • 国内外販路開拓促進事業計画書
  • 資金計画書
  • 見積書(明細書含む)の写し等費用積算の根拠となる資料
  • 展示会等の内容がわかる書類(パンフレットなど)
  • 出展商品の内容がわかる書類(カタログ等)
  • その他参考となる資料(出展時販売のある場合は収支予定表等)
実績報告
  • 国内外販路開拓促進事業結果報告書
  • 資金精算書
  • 対象費用の領収書(明細書含む)の写し等支払証拠書類
  • 事業実施状況写真
  • その他参考となる資料(出展時販売のある場合は収支内容のわかるもの等)

2.知的財産権取得支援事業

交付申請
  • 知的財産権取得事業計画書
  • 資金計画書
  • 見積書(明細書含む)の写し等費用積算の根拠となる資料
  • その他参考となる資料(商品のカタログ等)
実績報告
  • 知的財産権取得支援事業結果報告書
  • 資金精算書
  • 対象費用の領収書(明細書含む)の写し等支払証拠書類
  • その他参考となる資料

3.産学連携研究等促進事業

交付申請
  • 産学連携研究等促進事業計画書
  • 経費内訳書
  • 申請者の概要、連携する大学等研究機関の概要、研究内容の詳細、申請者における当該会計年度の前年度の収支決算書
実績報告
  • 産学連携研究等促進事業報告書
  • 研究の実績・成果の詳細・今後の事業予定
  • 対象費用の領収書(明細書含む)の写し等支払証拠書類
  • その他参考となる資料(研究経過の写真等)

4.事業承継支援事業

交付申請
  • 事業承継支援事業計画書
  • 費用積算書
  • 見積書(明細書含む)の写し等費用積算の根拠となる資料
実績報告
  • 事業承継支援事業報告書
  • 費用積算書
  • 対象費用の領収書(明細書含む)の写し等支払証拠書類
  • 事業を承継したことが分かる書類
  • その他参考となる資料
この記事に関するお問い合わせ先

商工観光部 商工振興課
〒629-3101
京都府京丹後市網野町網野385番地の1(ら・ぽーと)
電話番号:0772-69-0440 ファックス:0772-72-2030
お問い合わせフォーム

更新日:2021年09月14日