滞在地または居住地での不在者投票について

第49回衆議院議員総選挙及び第25回最高裁判所裁判官国民審査の執行が予定されています。京丹後市の選挙人名簿に登録されている方で、学業、仕事等の都合により、京丹後市以外にお住まいの方は、滞在地での不在者投票ができます。

不在者投票の具体的な手順は、次のとおりとなっています。

滞在地または居住地での不在者投票の手続きの手順

1.投票期間:選挙の期日の公示または告示があった日の翌日から投票日の前日まで

2.本人が京丹後市選挙管理委員会に投票用紙等を請求してください。

 投票用紙は、下記の「投票用紙の請求方法」により請求してください。

3.京丹後市選挙管理委員会に投票用紙等の請求書が届き、不在者投票できる方であるときは、京丹後市選挙管理委員会から投票用紙、不在者投票用封筒、不在者投票証明書等を速達・簡易書留で郵送します。

※注 投票用紙等は、選挙の期日の公示または告示があった日の前でも請求することが出来ますが、京丹後市選挙管理委員会からは、選挙の期日の公示または告示があった日の翌日以降発送します。
 

4.投票用紙等が届いたら、滞在地または居住地の選挙管理委員会へ持参して、選挙管理委員会事務局職員の指示により、そこで投票してください。
 

※注1 自宅で投票用紙に記入したり、不在者投票証明書の封筒を自分で開封したりすると不在者投票ができなくなります。必ず、滞在地または居住地の市区町村選挙管理委員会に出向いてから不在者投票を行ってください。 
 

※注2 不在者投票は、選挙管理委員会の執務時間内となりますので、滞在地または居住地の選挙管理委員会にお問い合わせください。
 

5.投票された投票用紙は、投票された選挙管理委員会から京丹後市選挙管理委員会へ郵送されます。

※注 投票日当日の投票所閉鎖時間(午後8時)までに投票所閉鎖時刻までに投票所に到着しないと無効になります。また、法改正により令和3年10月1日から従前より郵送に日数を要するため、早めに投票手続きをしてください。

投票用紙の請求方法

1. 請求書用紙の入手方法

請求書の用紙は、次のいずれかの方法により入手または作成してください。

ア 不在者投票宣誓書兼請求書を市のホームページからダウンロードして印刷する。

不在者投票宣誓書兼請求書(PDFファイル:637.5KB)

不在者投票宣誓書兼請求書記入例(PDFファイル:712.7KB)

 ※注 請求書の記入は、選挙人本人が行ってください。

イ 便箋等に次の必要事項を記入して自分で作成する。

  (所定の用紙を使わなくても、次の必要事項が書いてあれば請求できます)

【必要事項】

・現在地(郵送先)の郵便番号、住所(マンション等の名称、室番号等も)

・京丹後市での住所

・氏名(ふりがな)

・生年月日

・連絡先電話番号

・不在者投票の事由(出張、旅行、在学)

・投票用紙を請求する旨の文言「令和3年執行の第49回衆議院議員総選挙及び第25回最高裁判所裁判官国民審査の投票用紙等を請求します。」

ウ 京丹後市選挙管理委員会で請求書用紙をもらう。

※注 請求書用紙は、家族などが取りに来てもかまいませんが、請求書の記入は選挙人本人の自筆でなければなりません。

2. 請求書用紙の提出方法

 「不在者投票宣誓書兼請求書」を京丹後市選挙管理委員会に郵送するか、または持参してください。

 【京丹後市選挙管理委員会の住所】

 〒627-8567 京都府京丹後市峰山町杉谷889番地 京丹後市選挙管理委員会あて

 ※注 ファックス、電子メール、電話による請求はできませんので、ご注意ください。

この記事に関するお問い合わせ先

京丹後市選挙管理委員会(総務課内)
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0140 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2021年10月15日