現在のページ

療育手帳の手続き

概ね18歳未満で知的機能に障害が生じ、児童相談所または家庭支援総合センターで知的障害があると診断された方に対して交付される手帳で、障害の程度により、A(最重度、重度)、B(中度、軽度)に分けられます。

申請手続き

手続きは、障害者福祉課または、各市民局で行なうことができます。

新規交付申請以外にも、再判定、手帳の記載内容に変更がある場合は、下記のとおり、必要なものを持参のうえ手続きしてください。

手帳の交付申請等と必要な書類

申請書は窓口に備え付けてあります。

(注1):写真は縦4センチ、横3センチの大きさの無帽の顔写真で6カ月以内に撮影したもの1枚(ポラロイド写真不可)です。

新規(初めて手帳の交付を受ける場合) 

持ち物:写真(注1) 、印鑑

転入(京都府外(京都市を含む)から、転入した場合)

持ち物:写真(注1) 、印鑑、手帳

再判定(更新) (手帳を更新する場合)

持ち物:写真(注1) 、印鑑、手帳

京都府より再判定の案内及び申請書が送付されます。(3カ月前より手続きが行えます)

再交付(手帳を紛失、き損、または破損した場合)

持ち物:写真(注1) 、印鑑、手帳紛失時は手帳不要

記載事項変更(住所・氏名等の内容が変わった場合)

持ち物:印鑑、手帳

手帳に変更内容の記入欄がない方は、写真(注1)が必要となります。

転出(京都府外(京都市含む)へ転出した場合) 

持ち物:印鑑、手帳

返還(該当しなくなった場合、必要でなくなった場合、死亡した場合)

持ち物:印鑑、手帳 

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 障害者福祉課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0320 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2019年08月27日