現在のページ

身体障害者手帳の手続き

身体障害者手帳は、身体に障害(視覚、聴覚、平衡感覚機能、音声機能、言語機能またはそしゃく機能、肢体不自由、心臓機能、腎臓機能、呼吸器機能、ぼうこうまたは直腸機能、小腸機能、免疫機能、肝臓機能)があるとき身体障害者福祉法に基づき交付される手帳で、障害があることを証明するものです。障害の程度により、1級(重度)から6級(軽度)までに分かれています。

申請手続き

申請は障害者福祉課または各市民局で行うことができます。

新規交付申請以外にも、障害の程度が変わった場合など、手帳の記載内容に変更がある場合は、下記のとおり手続きをしてください。

手帳の交付申請等と必要な書類

手続きの種類ごとに必要な書類等が異なりますので、ご確認のうえ、手続きをお願いします。なお、申請書は窓口に備え付けてあります。

  • 注1:診断書は、指定の様式で概ね6カ月以内に作成されたもの(診断書は窓口に備え付けてあります)
  • 注2:写真は、縦4センチ、横3センチの大きさの無帽の顔写真で1年以内に撮影したもの1枚(ポラロイド写真不可)

新規(初めて手帳の交付を受ける場合)

持ち物:診断書(注1) 、写真(注2)、印鑑

転入(京都府外(京都市も含む)から、転入した場合)

他府県交付のものでも住所変更することで引き続き使用が可能です。

持ち物:写真(注2),注3、手帳、印鑑

注3:写真は他府県(京都市を含む)からの転入で、京都府の手帳を新規に作る場合に必要となります

旧手帳と新手帳を交換し、旧手帳を京都府に返還します。

持ち物:診断書(注1) 、写真(注2)、手帳、印鑑

障害名追加(現在の障害と異なる障害を有した場合)

旧手帳と新手帳を交換し、旧手帳を京都府に返還します。

持ち物:診断書((注1)) 、写真((注2))、手帳、印鑑

再交付(手帳を紛失、破損した場合)

旧手帳と新手帳を交換し、旧手帳を京都府に返還します。

持ち物:写真(注2)、手帳注4、印鑑

注4:紛失時は手帳不要

再認定(有効期限に伴う場合)

旧手帳と新手帳を交換し、旧手帳を京都府に返還します。

持ち物:診断書(注1) 、写真(注2)、手帳、印鑑

住所・氏名変更(市内及び京都府内(京都市を除く)での住所変更、氏名変更の場合)

持ち物:手帳、印鑑

手帳に変更内容の記入欄がない場合は写真(注2) が必要になります。

転出(京都府外(京都市を含む)へ転出した場合)

持ち物:手帳、印鑑

返還(死亡した場合、障害軽減で等級に該当しなくなった場合) 

持ち物:手帳、印鑑 

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 障害者福祉課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0320 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2019年08月27日