預かり保育・認可外保育施設等利用料の無償化の手続き

申請書概要一覧
ダウンロードファイル
内容

 保育所・こども園で無償化の対象となっている方は、預かり保育・認可外保育施設等利用料は有料となります。(無償化の対象外)
 それ以外の方で、無償化の対象となるためには、「保育の必要性の認定」を受けていただく必要があります。
 保育所・こども園に入所(園)する場合と同様に「保育の必要な事由」に該当していることが条件となります。
 ご提出いただく「就労等事項に関する証明(申立)・確認書」等により保育の必要性の認定ができない場合は、無償化の対象とならない場合があります。

対象

就労等により保育の必要性の認定要件に該当するものの、何らかの事情で保育所、認定こども園を利用できず、預かり保育事業や認可外保育施設等(一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を含みます。)を利用される場合は、上限額の範囲内で無償化の対象となります。

申請方法

申込書類に必要事項を記入の上、子ども未来課または各市民局へ書類を提出してください。

手数料

無料

申請受付窓口
  • 子ども未来課(大宮庁舎2階)
  • 各市民局
代理提出の可否

父母以外の方(祖父母等)が申込書を提出される場合は、委任状(PDF:75.9KB)の提出が必要になります。

お問い合わせ

教育委員会事務局 子ども未来課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0340 ファックス:0772-64-5000
お問い合わせフォーム

関連ページ

更新日:2019年10月09日