子育て情報

絵本で心の栄養を

 最近は、テレビやDVD、スマホなどいろんなツールがありますが、どうしても一方通行の情報になりがち。そんな中で絵本は、心を豊かにしたり、言葉の面白さを覚えたり、勇気や思いやりなどの社会性やコミュニケーション能力を身につけたり…と子どもの脳と心の発達には欠かせません。それに、子どもにとって絵本を読んでもらう時間は、大好きなお母さんやお父さんのぬくもりを感じられる幸せな時間。自分が愛されていると感じ、気持ちが落ちつきます。

 1歳くらいでは、絵本に関心を示さなかったりページを次々めくってしまったりすることもありますが、無理に止める必要はありません。さりげなく周りに絵本を置き、絵本と遊ぶような気持ちで少しずつ親しませてあげましょう。絵本に興味を示し始めると、同じ絵本を「もう一回!」「もっと!」と何度もせがみます。うんざりすることもあると思いますが、ぜひお子さんが飽きるまで何度でも読んであげてください。繰り返し読むことで子どもは満足し、絵本の楽しさをじっくり味わうことができます。

 「これ読んで」と言われても「ママに読んでもらって」と言ってしまうお父さんはいませんか?お子さんの年齢が小さいほど、普段の関わりはどうしてもお母さんが多くなりがち。一緒に過ごす時間がなかなか持てず、どうやって遊んであげていいのか…と思っているお父さんこそ「絵本の読み聞かせ」がお勧めです。お父さんのあぐらにすっぽり座らせたり、一緒に寝そべったりしながらお子さんの好きな絵本を読んであげましょう。最初は抵抗や照れくささもあるかもしれませんが、上手に読む必要はありません。お父さん独特の声や読み方はお子さんにとって新鮮で引き込まれるはず。笑ったり、真顔になったり、問いかけてきたり…お子さんのいろんな表情や反応を楽しみましょう。

 子育て中は、時間に追われ余裕のない毎日だと思いますが、絵本を読んであげられるのは、そんなに多くの日々ではありません。おふろの後や寝かせつけの前など、テレビを消し、スマホを置いて、お子さんと絵本を開いてみましょう。親子でぬくもりを感じながら過ごした時間は、「自分のために読んでくれた」という満足感とともに、安心や信頼、絆という形でいつまでもお子さんを支える力になるでしょう。

 

はぐはぐのイメージのイラスト

お問い合わせ先

部署名:健康長寿福祉部健康推進課子育て世代包括支援センター「はぐはぐ」
電話番号:0772-69-0370
ファックス:0772-62-1156

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0350 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2021年10月01日