たちばな保育所

たちばな保育所園舎

たちばな保育所の保育について

保育方針

・地域や家庭と連携をもち安心、安定した生活と充実した活動ができるように情緒の安定をはかる。

・一人一人の特性や発達に応じた援助をする。

・いろいろな体験を通して、意欲的に行動する力を育てる。

・積極的に自然に関わり、さまざまな活動や体験を通して友達と協同したり、自己肯定感を育んだりして豊かな人間性の基礎を育てる。

・すべての子どもが自分をかけがえのない存在だと感じ、自信をもって生活できるようにする。

保育目標

園をとりまく地域の実態

木津と浜詰の中間点に位置し、民家から少し離れた静かな場所にあり、15分ほど歩くと山陰海岸国立公園に指定されている砂丘の続く日本海がある。また、山、川、畑の緑に囲まれ、小動物や草花、野菜や果物などの四季折々の自然に恵まれている。そのような環境の中で、いろいろな遊びを展開し、様々な経験をすることにより健康な身体、豊かな情操を育んでいる。

 

保育所だより

遊びや活動・生活の様子

もも組(1歳児)

もも組(1歳児)

いちご組(2歳児)

いちご組(2歳児)

ばら組(3歳児)

ばら組(3歳児)

きく組(4歳児)

きく組(4歳児)

すみれ組(5歳児)

すみれ組(5歳児)

キッズサッカー

キッズサッカー

コーチから「上手になった!」と褒めてもらいました。

玉ねぎの収穫

5歳児が昨年植えて育てた玉ねぎが収穫の時期を迎えました。

玉ねぎ収穫+

大豊作!玉ねぎ132個収穫

カレークッキングに使います。

散歩(海)

春の遠足で行く予定にしていた夕日が浦海岸に散歩にいきました。

夏野菜

栽培活動

夏野菜が順調に育っています

さつま芋植え

さつま芋の苗を植えました。

秋の収穫が楽しみです。

読み聞かせ

絵本の読み聞かせ

食育巡回指導

食育巡回指導

小森栄養士に、「食べ物の働きとバランスよく食べること」についてお話していただき、赤・黄・緑の分類についても学びました。

笹飾り

七夕

願い事を書いた短冊や、自分達でつくったいろいろな飾りを笹につけました。コロナの終息を願うばかりです。

防災食実施訓練

防災食実施訓練

9月1日 防災の日に合わせて,地震を想定した避難訓練を実施した後、万が一の時のために保育所に備蓄している防災食(備蓄アルファ化米・レトルトカレー)を使って3.4.5歳児が実施訓練をし給食でいただきました。訓練の一貫として実際にアルファ化米にお湯を入れてご飯をつくる所も見学しました。普段食べているご飯との違いを感じ、防災について再確認をする機会になりました。

運動会に参加しました(3.4.5歳児)

運動会345

9月24日(土曜日)3.4.5歳児の運動会を行いました。「あったかハートで えがおいっぱい つながれたちっこ~元気☆やる気☆勇気 進め!たちっこ忍者!!」のテーマのもと、様々なチャレンジを忍者の修行に位置づけ取り組んできました。緊張し普段の力が出しにくい子もいましたが沢山の拍手と温かい見守りの中で、最後は達成感と満足感につつまれた誇らしげな表情が印象的でした。

3歳児親子
4歳児親子
お祭り忍者

秋の遠足(3.4.5歳児)

ジャージー牧場

丹後ジャージー牧場

「うしさんの牛乳毎日飲んでるよ、ありがとう」と話しかけていました。

かぶと山

かぶと山公園

お弁当の後は、アスレチックなどの遊具でいっぱい遊びました。

保育所・小学校連携

保小

橘小学校 大橋先生の話をしっかり聞く5歳児。

 

連携

グループに分かれて秋探しスタート!

「いっぱいある所に行こう!」「あった!」と、お散歩バッグや袋に木の実や落ち葉などを持ち帰りました。

木津バイパス開通式

開通式
バイパス
この記事に関するお問い合わせ先

京丹後市立たちばな保育所
〒629-3241
京都府京丹後市網野町木津1357-3
電話番号:0772-74-0004 ファックス:0772-74-0004
お問い合わせフォーム

更新日:2022年10月31日