風しん予防接種助成事業

風しん予防接種に係る費用の助成を実施します

妊娠初期に風しんにかかると、赤ちゃんが目が見えにくい、耳が聞こえにくい、生まれつき心臓に病気があるなどの症状の『先天性風しん症候群』にかかることがあります。安心して妊娠・出産を迎えられるように風しんの抗体価の低い方へ予防接種費用に対し助成を行います。

助成対象となるワクチンの種類

風しんワクチンまたは、麻しん風しん混合(MR)ワクチン
この予防接種は、予防接種法に基づかない任意の予防接種です。

助成の対象者

接種日において京丹後市に住所を有するもので、

  • 妊娠を希望する女性であり、かつ抗体検査等により、抗体価の低いもの
  • 妊娠をしている女性の同居者で、抗体検査等により、抗体価の低いもの。ただし、妊娠をしている女性の抗体価が低い場合とする

「抗体価が低い」とは、HI法またはEIA法による検査で、HI価が1:16以下、あるいはEIA-IgG価8.0未満であることを言います。

接種助成対象期間

平成31年4月1日(月曜日)~令和2年3月31日(火曜日)までに受けた予防接種が対象です。

接種の方法

医療機関に予約をし、予防接種を受け、接種費用の全額を医療機関に支払ってください。

助成額および助成方法

接種費用の3分の2以内を助成します(助成額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨て)。
ただし、市民税非課税世帯および生活保護世帯は、費用接種の全額を助成します。

申請内容を審査のうえ、指定された口座に助成金を振り込みます。

申請方法

予防接種を受診した後、風しん予防接種助成金交付申請書に下記の書類等を添付し、健康推進課(福祉事務所内)または最寄りの市民局に提出してください。

添付書類

  • 抗体検査の結果(抗体検査を受診していない場合は、被接種者本人の母子健康手帳などにより抗体価の低いことがわかる資料)
  • 領収書(接種日、風しんワクチン、またはMRワクチン予防接種が分かるもの)
  • 風しん予防接種助成金交付申請書に係る同意書(市民税の課税状況を確認させていただくために必要となります。)
  • 男性(配偶者)の場合、母子健康手帳の“子の保護者欄”(1ページ目)の写しを添付してください。
  • 代理人が申請する場合は、委任状(申請者が事前に署名したものを、申請書と一緒に提出して下さい。)

申請時に、個人番号(マイナンバー)の提出と身元確認が必要です。

  1. 申請者(被接種者)本人の個人番号であることを示す個人番号カードまたは通知カードを提示してください。
  2. 通知カードを提示される場合は、本人確認のため、運転免許証、旅券等の顔写真付きの本人確認書類1点を提示してください。
  3. 2.の顔写真付きの本人確認書類をお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された健康保険証、年金手帳等の2点を提示してください。

各種用紙のダウンロード

申請書および、同意書の用紙は健康推進課および、各市民局にも設置しています。

その他

  • 助成金の申請は、期間中に1回のみです。
  • 助成金交付申請書は、原則として接種後1カ月以内に申請してください。ただし、申請期限は令和2年3月31日までとします。
  • 接種前1カ月から接種後2カ月間は避妊する必要があります。

抗体検査について

抗体検査については、京都府の事業により無料で受診することができます。
お問い合わせは京都府丹後保健所(電話番号)0772-62-4312

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0350 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2019年08月20日