弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する可能性があるときは、国から、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)により、防災行政無線で警戒を呼び掛けるとともに、携帯電話などに緊急速報メールが配信されます。
全国瞬時警報システム(Jアラート)につきましては、次のリンクをご覧ください。

メッセージが流れたら、落ち着いて、直ちに行動してください。

屋外にいる場合

近くの建物の中か地下に避難。
※できれば頑丈な建物が望ましいものの、近くになければ、それ以外の建物でも構いません。

建物がない場合

物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

屋内にいる場合

窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。

近くにミサイルが落下した場合

屋外にいる場合

口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

屋内にいる場合

換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0140 ファックス:0772-69-0901
メールでのお問い合わせ

更新日:2018年03月27日