ごみを出すときの注意(火災・事故防止)

中身が残っていたり穴が開いていないスプレー缶やカセット式ボンベ、電池、未使用の花火など引火性の強いものなどが、可燃ごみや不燃ごみに混入していると、ごみ収集車やごみ焼却場、埋め立て場での火災や事故の原因になります。大変危険なので、他のごみへの混入は絶対にしないよう、お願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

市民環境部 生活環境課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0240 ファックス:0772-62-6716
お問い合わせフォーム

更新日:2021年05月20日