京力農場プラン(人・農地プラン)について

1.京力(きょうりょく)農場プランとは?

 京力農場プランとは、地域の農業者が話し合いに基づき、概ね5~10年後の地域の農地利用のあり方(近い将来の農地の出し手の確定、中心的な農業経営体への農地集積等)を書面に明確化するものです。

 なお、京力農場プランは、国の「人・農地プラン」の京都府における名称です。

2.京力農場プラン作成のメリットは?

 地域の抱える課題や今後の営農について、地域で話し合うきっかけとして将来的な地域営農の姿(目標)を地域の皆さんで共有できるほか、国や府の各種補助事業や制度資金の優遇措置など、目標実現に向けて活用できる手段が広がります。

3.京力農場プランの実質化について

 令和元年5月に「農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)」が改正され、京力農場プランを核に農地の利用集積・集約化をより推進していくことになりました。

 実質化されたプランとは、京力農場プランを真に意味のあるものにすることであり、具体的には以下の3つのステップを踏まえたプランを指します。

(1)アンケートを実施する。

(2)アンケート結果や話し合いを通じて、地図によって地域の現況把握を行う。

(3)将来の農地利用を担う中心経営体(担い手)に関する方針を決める。

4.既存の京力農場プランの実質化の判断について

 市内で既に策定されているプランは、地域内の過半の農地について近い将来の農地の出し手と受け手が特定できている場合に「実質化されたプラン」とみなすことができます。

 「実質化されている」とみなされなかったプランについては、上記3. のステップに沿ってプランの見直しを行うことで、「実質化されたプラン」とみなすこととなります。

 見直しを行う地域や未策定の地域がプランを策定する場合、「実質化に向けた工程表」に工程をあげ、これに従ってプランの策定をしていきます。

 「既に実質化していると判断する地区」および「プランの実質化に向けた工程表」を以下のとおりです。

 

◎ 既に実質化していると判断する地区(PDF:119.6KB)

◎ プラン実質化に向けた工程表(PDFファイル:285KB)

 

この記事に関するお問い合わせ先

農林水産部 農業振興課
〒629-2501
京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0410 ファックス:0772-64-5660
お問い合わせフォーム

更新日:2021年12月28日