京丹後市公共施設等総合管理計画

京丹後市は、平成16年4月1日に丹後地域の旧6町が合併して誕生しました。
合併前の各町で、整備されてきた多くの公共施設等は、合併により京丹後市に引き継がれましたが、これらの公共施設等の中には、同様の機能を持つ類似の施設が存在したり、当初の設置目的と利用実態が整合しなくなっている施設もあるなど、多くの課題を抱えています。
本市の公共施設等の多くは、高度経済成長期に整備されており、今後、ますます公共施設等の老朽化が進行し、改修等必要な費用が増大することに加え、同一時期に整備された施設の改修時期が集中することとなれば、市の財政に及ぼす影響は大きなものとなります。
さらに、今後も進むと思われる少子高齢化、人口減少に伴う人口構造の変化など、公共施設等に対する市民ニーズの変化も予想されるとともに、安全・安心やバリアフリー化などの社会要請への対応など、公共施設等を取り巻く環境は急激に変化することも予測されます。
京丹後市では、これまで「公共施設の見直し方針(平成24年9月)」を策定し、これに基づく「公共施設見直し計画(平成25年5月)」並びに「公共施設等総合管理計画(平成27年4月)」を策定し、公共施設を整理する取組みを進めてきました。
こうした中、公共施設見直し計画が令和元年度で終期を迎えるにあたり、公共施設見直し方針の考え方を継承しつつ、「公共施設見直し計画」及び「公共施設等総合管理計画」を統合し、より充実させるため本計画を改訂するとともに、更なる公共施設等の適正管理を進めていくため個別施設計画を策定することとしました。
今後も、社会情勢の変化に対応し、本市が保有する公共施設等について、効率的かつ効果的に活用して、必要なサービスを持続的に提供するため、公共施設等の現状や課題を調査し、利用状況、維持管理経費、老朽化の度合いなどを総合的に判断し、施設の長寿命化や、状況により除却するなど、将来にわたり施設の適正な配置や有効活用を進めていきます。

本計画は平成27年度から令和6年度までの10年間の計画としていますが、必要に応じて随時見直していくこととしています。

過去の公共施設の見直しに関する計画について

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 財産活用課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0080 ファックス:0772-69-0901
お問い合わせフォーム

更新日:2021年05月27日