京丹後市認知症高齢者等位置探索サービス利用補助金交付事業

認知症のある高齢者が行方不明となる件数は、全国的に増えています。その防止策の一つとしてGPS端末を利用した位置探索サービスがあります。
GPSは認知症のかたが行方不明になられた時に、早期に発見・保護するための有効な手段の一つです。
京丹後市では、認知症等で帰宅できなくなるおそれのある高齢者が、GPS端末による位置探索サービスを利用する場合の初期経費を補助します(購入もしくはレンタルのどちらも補助対象)。

位置探索サービスとは

認知症等で一人歩きにより帰宅できなくなってしまう方に、GPS端末機を持っていただき、居場所が分からなくなった時に、契約したサービス提供事業者が家族からの問い合わせに対してその位置を探索し家族へ通知したり、または専用のホームページからその位置を探索できるシステムです。

サービスを提供する会社によって名称・呼び方は異なります。

補助対象者

認知症であるかた、またはその疑いがあるかたで、帰宅できなくなるおそれがある高齢者等またはその家族等で下記の条件を満たすもの

  1. 京丹後市に認知症等により帰宅できなくなるおそれのあるかたの情報の登録をした認知症高齢者等またはその4親等以内の親族
  2. 位置探索サービスの利用契約を結んだかた

補助対象となる経費

サービス利用開始に係る初期経費

  1. 位置探索機及び充電器の購入に要する経費(いずれも1個に限る)
  2. 利用契約に係る加入料、手数料等
  • 月々の利用料及び検索費用等は自己負担となります。
  • 位置探索機は主たる機能がGPSにより情報を発信する端末であって、携帯電話機能が主である端末は対象外です。

補助金の額

1万円を限度に1人につき1回限り補助

申請方法

申請書に必要事項を記入し、次の添付書類を添えて、長寿福祉課もしくは市民局に提出してください。

申請書ダウンロード

添付書類

  1. 補助対象経費に係る領収書または支払ったことが分かる書類の写し
  2. 補助対象経費の内訳を確認できる書類の写し

手続きの流れ

  1. ご家族等が業者へ直接申し込み(契約)
    GPS端末を取り扱っているサービス提供事業者に直接申し込み(契約)をしてください。
     
  2. 京丹後市へ申請
    (必要書類)
    (1)申請書
    (2)領収書(領収書が発行されない場合は支払ったことが分かる書類の写し)
    (3)補助対象経費の内訳が分かる書類(申込書や契約書等)の写し
     
  3. 交付決定通知
    申請書を受理した後、その内容を審査の上、補助金の交付の可否等を決定し、当該申請者に通知します。
     
  4. 補助金交付
    後日、申請者が指定した口座に補助金が振り込まれます。

(注意1)不明な点がある場合は、サービス提供事業者と契約する前に、長寿福祉課へお問い合わせください。
(注意2)交付決定後、偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けた場合は、補助金の交付の決定を取り消し、補助金を返還していただくことになります。

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 長寿福祉課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0330 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2018年06月05日