障害者のための医療費助成について知りたい

福祉医療制度(重度心身障害者制度)

重度の障害のあるかた(身体障害者手帳1・2・3級および療育手帳A判定所持者)が、医療機関等で受診したときに、保険診療で支払った医療費の自己負担額を助成します。

重度心身障害者老人健康管理事業制度

後期高齢者医療制度加入者で重度の障害のあるかた(身体障害者手帳1・2・3級および療育手帳A判定所持者)が、医療機関等で受診したときに、保険診療で支払った医療費の自己負担額を助成します。

申請の方法などについて、詳しくは、下記の関連リンクをご覧ください

自立支援医療(更生医療)

身体障害者手帳所持者が、その原因となった障害を軽減し、日常生活能力を回復するため(心臓手術・血液透析療法・関節形成手術など)に必要な医療費を給付する制度です(利用者は原則として医療費の1割を自己負担となります)。

申請には、申請書および保険証の写し(同一保険加入者分)、指定医療機関の意見書・概算内訳書が必要です。

申請書等は、障害者福祉課および各市民局窓口にあります。

自立支援医療(育成医療)

身体に障害があり手術などの治療が必要で、治療を行わないときは将来において障害を残すと認められる児童(18歳未満)に対する治療のうち、確実な治療効果が期待できるものについて、必要な医療費を給付します(利用者は原則として医療費の1割を自己負担となります。)。

申請には、申請書および保険証の写し(同一保険加入者分)、指定医療機関の意見書が必要です。

申請書等は、障害者福祉課および各市民局窓口にあります。

自立支援医療(精神通院)

精神疾患の治療のために医療機関に通院する場合に、医療費の自己負担分の一部を公費で負担する制度です。(利用者は原則として医療費の1割を自己負担となります。)

申請には、申請書および課税状況を調査するための同意書、保険証の写し(同一保険加入者分)、指定医療機関の診断書が必要です。

申請書等は、障害者福祉課および各市民局窓口にあります。

自立支援医療について詳しくは、障害者福祉課(0772-69-0320)にお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 障害者福祉課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0320 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2019年01月07日