神谷(かみたに)神社本殿(府指定文化財)

神谷神社本殿

かみたにじんじゃほんでん

神谷神社本殿 の写真

神谷神社本殿 1棟 京都府指定文化財(有形文化財/建造物)

 神谷神社は旧郷社で、江戸時代には太刀宮(たちのみや)と称し、式内社である神谷神社を合祀したと伝えられています。社蔵文書では、文禄五年(1596年)城主松井康之から用地寄進を受けたとされています。現在の本殿は、天明元年(1781年)に完成しました。
 本殿は、桁行二間、梁行二間(正面一間)、入母屋造(いりもやづくり)、桧皮葺(ひわだぶき)で妻入としており、一間の向拝を付けています。入母屋造の妻入のつくりは、出雲地方に多い大社造(たいしゃづくり)の系統ともみることができ、四周に縁をまわすのも大社造の特徴です。丹後半島ではこの形式は他に類例がありません。

(神谷神社所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年05月17日