デジタルミュージアムF16岩屋寺絹本著色五大尊像

岩屋寺絹本著色五大尊像

いわやじけんぽんちゃくしょくごだいそんぞう

岩屋寺絹本著色五大尊像の写真

岩屋寺絹本著色五大尊像 京都府登録・京丹後市指定文化財

五大尊像は、不動明王を中心として降三世(ごうざんぜ)・軍荼利(ぐんだり)・大威徳(だいいとく)・金剛夜叉(こんごうやしゃ)の四明王を配するもので、本図のように五尊を一幅に描くもののほか、五幅に描きわけるものもある。縦120.4センチメートル×横70.5センチメートル
修理の際に、軸木から寛元四年(1246年)の年記が発見され、注目されたが、軸木は途中切断され、他材を補っており、当初の軸木かどうか不明である。むしろ、その作風からすれば、画像の制作年代はやや下る可能性もあるが鎌倉時代の絵画として貴重である。

(京丹後市所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日