デジタルミュージアムF29大田南二号墳出土品

大田南二号墳出土品

おおたみなみ2ごうふんしゅつどひん

大田南二号墳出土品の写真

大田南二号墳出土品 京丹後市指定文化財

大田南古墳群は、弥栄町字和田野に所在し、丹後半島を北流する竹野川の中流域左岸、竹野郡弥栄町と中郡峰山町との町境の丘陵上にある。古墳群は、二号墳とその南側に位置する四号墳、さらにその南に位置し、「青龍三年」の銘文をもつ方格規矩四神鏡(重要文化財)が出土した五号墳及び二号墳の東側丘陵裾部に位置する六号墳の計三基の前期古墳を含んでいる。
二号墳は、墳頂部に18メートル×14メートルの平坦面をもつ22メートル×18メートルの方墳と考えられる。主体部は、2.3メートル×0.6メートルの舟底形の木棺で古墳時代前期の古墳である。本出土品のなかで最も注目される遺物は、画文帯環状乳神獣鏡であり、鈕に龍文様を施す。銅鏡は、白銅質の画文帯環状乳神獣鏡であり、磨滅のため、「吾□□明」「日月□□」「□幽商三」「宜孫□□」など数文字が判読できるのみである。中国四川省の官営工房で作成された可能性が高いもので、二世紀後半の早い頃に製作されたものと推定される。

(京丹後市所有・丹後郷土資料館寄託)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日