デジタルミュージアムF48竹野のテンキテンキ

竹野のテンキテンキ

たかののテンキテンキ

竹野のテンキテンキの様子の写真

竹野のテンキテンキ 京都府登録文化財

このテンキテンキは、竹野神社の秋祭りの祭礼(十月第二日曜日)に行われる民俗芸能である。テンキテンキの名は、踊子たちが唱える掛け声に基づくもので、本来は踊子の名で伝えられたものと考えられる。この芸能は、竹野集落の子供組によって伝承されており、太鼓持ち一人、太鼓打ち一人、ササラ四人の構成で演じられる。きわめて単純素朴なものだが、黒部、舟木の踊子(ともに京都府指定無形民俗文化財)と同じ流れに立つ中世的な囃子物(はやしもの)の伝承であり、風流踊(ふりゅうおどり)の古態を示すものとして資料的価値が高い。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日