河梨(こうなし)の十二灯(府登録文化財)

河梨の十二灯

こうなしのじゅうにとう

河梨の十二灯の様子の写真

河梨の十二灯 京都府登録文化財(無形民俗文化財)

 河梨の十二灯は河梨(久美浜町)をあげての共同体の火祭りで、毎年8月23日夕方に行われます。家々から1人ずつ男子が出て作業に当たり、子供たちもこれに加わります。
 午後4時ごろ、あらかじめ用意しておいた松明用のコエマツなどを持ち、村はずれの山「万灯山」へ人々が集まります。その万灯山の頂上でお灯明や十二灯などの製作を行います。
 お灯明は直径30センチメートル、長さ1.2メートルほどの割竹を束ねた松明を7メートルばかりの竹竿の先端に付き差したものです。十二灯は、長さ8.5メートルほどの檜の真柱に青竹でほぼ正三角形の枠を取り付け、その枠に左右各6本のスジカイを組み、その筋交いの先端に松明を突き差したものです。十二灯の松明は、割ったコエマツ(松根)を束ねた直径20センチメートル、長さ50センチメートルほどのもので、真柱のてっペんに立てるものを合わせて計13束用意されます。十二灯がそれぞれの位置に取付けられ、揃ったところで又木や綱を用いて直立させ、愛宕山の方に向けて固定し炎上させます。火は、久美浜町内の愛宕(あたご)さんの神前の火をもらい受けて使用します。
 この行事の起源などは知られていませんが、在所では虫除けと豊作を祈る行事と伝えています。愛宕さんから種火を受けその方向に十二灯を立てるところからは、愛宕信仰による献火行事になっていると考えられます。また、万灯山の名が残るように盆の火祭りの要素も考えられます。盆の民俗と愛宕信仰が習合した特色のある事例として貴重な祭りです。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年05月17日