久美浜湾カキの養殖景観(府選定文化的景観)

久美浜湾カキの養殖景観

くみはまわんかきのようしょくけいかん

久美浜湾の牡蠣棚の写真

久美浜湾の牡蠣棚 京都府選定文化的景観

 久美浜湾は京都府北西端に位置しています。東から突き出ている砂嘴(さし)と小天橋(しょうてんきょう)で湾の閉鎖性が強いため、波の荒い日本海に面していても波は比較的穏やかといえます。波穏やかな湾内は牡蠣(かき)の養殖に適しており、日本海側で牡蠣養殖を行っている数少ない場所となっています。中でも、久美浜湾内西の河内湾の牡蠣棚は規模が最も大きく、砂嘴の西端を視点場として南側を見渡したときの、牡蠣棚と背後の山地が織りなす風景は、地域の代表的な文化的景観となっています。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年05月17日