デジタルミュージアムK11史跡神明山古墳

史跡神明山古墳

しせきしんめいやまこふん

史跡神明山古墳の写真

史跡神明山古墳 国指定史跡

神明山古墳は丹後町宮小字家の上に位置する日本海側で最大級の前方後円墳である。墳丘は全長190メートルを測る。墳丘は3段築成からななり、外部施設として河原石による葺石や丹後型円筒埴輪が認められる。出土品として比較的柔らかい滑石で、盆・柑・枕を形どった石製模造品や蓋(きぬがさ)や家形の形象埴輪の破片も多数発見されている。その中で埴輪の表面にへらで絵を描いたものがあり舟と舟をこぐ人物が表わされている。採集されたこれらの遺物などより推定される古墳の築造時期は古墳時代中期、5世紀と推定される。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2022年03月10日