デジタルミュージアムK13史跡函石浜遺物包含地

史跡函石浜遺物包含地

しせきはこいしはまいぶつほうがんち

史跡函石浜遺物包含地の写真

史跡函石浜遺物包含地 国指定史跡

函石浜遺跡(はこいしはまいせき)は、東西1キロメートル面積約25ヘクタールであり、区域ごとに出土遺物に差異が認められる。特筆すべきことは、中国『新』王朝(西暦8年~24年)に『王莽』(おうもう)が作った通貨、『貨泉』(かせん)が発見されていることである。この発見により国史跡指定となった。京都府史跡勝地調査会報告によると石鏃(せきぞく)、縄文土器、石剣、勾玉、管玉、貝塚などの出土が記載されている。現在、海浜沿いは、砂丘状態で厳しい自然環境であるために海浜自然植生が見られ、内陸に入るにつれてクロマツ、ハイネズの自然植生に、人工的に防砂林として植林されたアカシアの林がひろがっている。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日