デジタルミュージアムK8旧口大野村役場庁舎

旧口大野村役場庁舎

きゅうくちおおのむらやくばちょうしゃ

旧口大野村役場庁舎の写真

旧口大野村役場庁舎 国登録文化財

旧口大野村役場庁舎は、織物業で栄えた大宮町口大野地区に所在する。現在に残る旧口大野村役場庁舎は、和風民家の並ぶ景観の中で唯一擬洋風のモダンな景観を生み出しており、特異な存在感を有する。建造時期については、昭和4年に口大野村役場として建築されたもので、昭和26年4月1日町村合併により、大宮町役場として使用された。その後昭和30年口大野公民館、昭和52年京都銀行口大野支店、昭和52年大宮町商工会館として使用するなど様々な施設として活用されてきたもので平成11年に国登録文化財となる。
昭和初期の洋風建築の村役場が建造当初の姿をよくとどめており、貴重なものといえる。

(京丹後市所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日