デジタルミュージアムC43線刻薬師如来御正体

線刻薬師如来御正体

せんこくやくしにょらいみしょうたい

線刻薬師如来御正体の写真

線刻薬師如来御正体 京丹後市指定文化財

直径15.6センチメートルの銅製円板に、薬師如来像(やくしにょらい)を線彫りに描いている。鏡の代わりにかけるため、縁(ふち)にひもを通す穴が二つ付けられている。平面的な鏡像から、装飾的・立体的な懸仏(かけぼとけ)に発展する途中にみられる形式で、平安時代末期~鎌倉・室町初期に多い形式である。これが発見された木橋・日吉神社の祭神は、「大山昨神」であり、本地仏(ほんじぶつ)が薬師如来であるので、「仏教の仏さまが、大勢の人を救うために神として出現した」と考える本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)を確認できる実証的な資料である。本地仏(神のもともとの姿であるとされる仏)を描いたこのような懸仏は、中世の神仏習合を代表するものであり、民衆の信仰資料としても貴重なものである。

(木橋区所有・丹後郷土資料館寄託)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日