デジタルミュージアムC44八幡神社石灯籠

八幡神社石灯籠

はちまんじんじゃいしどうろう

八幡神社石灯籠の写真

八幡神社石灯籠 京丹後市指定文化財

凝灰岩製の石灯籠で宝珠・請花(うけばな)四面に種子を彫る。笠八角形、蕨手(わらびて)造出し。八角形の火袋四面には窓を透し、他の四面蓮台に乗る種子を彫る。八角形中台上部格狭間、下部八葉単弁彫り。円筒形竿の上下端に二条、中央に三条の中節を彫る。八角形基礎の上部には八葉単弁反花を、下部には格狭間を彫る。竿の上下に下記の刻銘がある。総高171.5センチメートル

(銘文)
應永二十二 丁 酉(1417)
願主 町二月十二日
道ロ

(八幡神社所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日