デジタルミュージアムC45紙本墨書日興筆本尊曼荼羅

紙本墨書日興筆本尊曼荼羅

しほんぼくしょにっこうひつほんぞんまんだら

紙本墨書日興筆本尊曼荼羅の写真

紙本墨書日興筆本尊曼荼羅 京丹後市指定文化財

常徳寺寺伝によれば、寛政5年9月に常徳寺本山の要法寺より寄贈されたものとされる。日興上人(1246~1330)は、日蓮門下の日蓮宗の僧であり、大石寺・本門寺を開いたことで知られる。本曼荼羅は、中央に「南無妙法蓮華経」と記されるほか、多くの書き込みが見られる。中央右下には、「正安二年十月」と記されており、正安2(1300)年に記されたことが判明する。日興上人の真筆の可能性が高いものであり、貴重な書として指定されている。

(常徳寺所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日