デジタルミュージアムC52木橋区鰐口

木橋区鰐口

きばしくわにぐち

木橋区鰐口の写真

木橋区鰐口 京丹後市指定文化財

鰐口(わにぐち)とは、鳴り物に属する仏具の一つで、打ちならす太い緒を垂らし、礼拝の時にその緒を振って打ち鳴らすものである。木橋地内出土といわれるこの銅製鰐口には、両面に刻銘が残り、それによると、宝徳二年(1450年)に藤原家次という人物が十王堂(所在地不明)に奉納し、約五十年後の永正五年(1508年)、河守(こうもり)(現在の大江町か?)の天神社に、花田女という者が奉納したという旨が記されている。

(木橋区所有・丹後郷土資料館寄託)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日