デジタルミュージアムC55平遺跡出土遺物

平遺跡出土遺物

へいいせきしゅつどいぶつ

平遺跡出土遺物1の写真
平遺跡出土遺物2の写真

平遺跡出土遺物 京丹後市指定文化財

平遺跡は、丹後町平の宇川河口左岸の日本海に面した砂丘上に営まれた縄文時代前期から中期、後期、晩期の長期にわたる遺跡であり、過去昭和38年、昭和40年に同志社大学、帝塚山大学考古学研究室により発掘調査が実施され、その土器は平式土器として知られ近畿地方における縄文時代中期末の代表的なものである。
平成8年度、国道178号線丹後半島周遊道路の改良事業に伴い、財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センターが現地調査を実施し、縄文時代前期から晩期にわたる多量の縄文土器等の遺物が出土した。また、古墳時代の石敷遺構や製塩土器等も出土し、この平遺跡が丹後地域における縄文時代、古墳時代の極めて重要な遺跡であることが明らかになり、出土した遺物は丹後の縄文社会を示す遺物として高い資料価値を有する。

(京丹後市所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日