デジタルミュージアムC56大谷古墳出土石棺及び出土遺物

大谷古墳出土石棺及び出土遺物

おおたにこふんしゅつどせっかんおよびしゅつどいぶつ

大谷古墳出土石棺及び出土遺物の写真

大谷古墳出土石棺及び出土遺物 京丹後市指定文化財

大谷古墳は、竹野川上流右岸の眺望のよい丘陵上に単独で築造され全長32メートルを測る古墳時代中期前葉の古墳である。組合式箱形石棺を内部主体としており鏡、玉、剣の副葬品と共に遺存状態の良好な熟年女性の人骨が出土した。
網野銚子山古墳、神明山古墳と続く最高首長に連なる在地の小首長の墓と解される。当地域が古墳時代中期のある時期、女性首長が支配する地域であったことが証明されたことになり、当時の丹後の地域社会を考える上でも重要な意味を持つものである。

(京丹後市所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日