デジタルミュージアムC66片山古墳

片山古墳

かたやまこふん

片山古墳の写真

片山古墳 京丹後市指定文化財

こうもりの穴・本塚ともいう。ほぼ南に開口する横穴式石室墳で、現在封土は失われ天井石が露出している。内部にはかなりの土砂が流入し、玄室は現状で長さ6.55メートル、巾2.5メートル高さ1.8メートルで、丹後でも規模の大きい石室である。天井石は砂れき岩の巨石2個(長さ3.95メートル 、2.25メートル)を用い、大きい方は家型を呈す。出土品は知られていないが、東北を史跡産土山古墳(しせきうぶすなやま)に接し、またその規模からみても重要な古墳といえよう。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日