デジタルミュージアムC67大成古墳群

大成古墳群

おおなるこふんぐん

大成古墳群の写真

史跡大成古墳群 京丹後市指定文化財

大成古墳群は、もともと片山古墳・産土山古墳と連続する丘陵北端に位置し(現在は国道により寸断されている)、13基の横穴式石室墳からなる群集墳である。
白南風荘建設にともない、昭和42年にこのうち3基(7・8・9号墳)発掘され、多数の須恵器・鉄刀・金環等が出土した。残る10基は、工事の一部変更によりそのまま保存されているが、9号墳は古墳公園的に整備され、一般の見学者も多く、また小・中学生の歴史教材としても広く活用されている。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日