デジタルミュージアムC70岩ヶ鼻古墳

岩ヶ鼻古墳

いわがはなこふん

岩ヶ鼻古墳のイラスト

岩ヶ鼻古墳 京丹後市指定文化財

久美浜町甲山小字岩ヶ鼻にある。墳丘は前方部が後世の墓のため、いくらか削られているがほぼ完存である。墳丘は主軸をほぼ南北にとり、前方部を北に向けた前方後円墳である。後円南西部の封上が、やや流れていると思われるが、墳丘周囲に幅2メートルの平坦部が巡っている。これを基底部と考えるならば、規模は全長51メートル、後円部直径25メートル、前方部幅18メートル、高さ4メートル後円部前方部比較差1.5メートルを計る。両クビレ部に平坦部を有するが現状では造り出しの存在は認められない。内部施設副葬品もまた不明であり、墳丘には比較的桟い盗掘坑が見られるが、久美浜町内で規模の大きな前方後円墳である。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日