デジタルミュージアムC82溝谷神社奉納和船

溝谷神社奉納和船

みぞたにじんじゃほうのうわせん

溝谷神社奉納和船の写真

溝谷神社奉納和船 京丹後市指定文化財

この和船(わせん)の模型は、全長277センチメートル、幅87センチメートルを測り、日本海海運の主力だった北前型弁財船(きたまえがたべんざいせん)と呼ばれる和船を、1月10日の縮尺で製作したものである。天保八年(1837)、航海の安全を祈願するために、間人村の船大工らによって、溝谷神社の祭神・新羅大明神(しらぎだいみょうじん)に奉納されたもので、実物どおりの構造と寸法が忠実に再現されており、資料的価値の高いものである。

(溝谷神社所有・丹後郷土資料館寄託)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日