デジタルミュージアムC89如意寺木造金剛力士像

如意寺木造金剛力士像

にょいじもくぞうこんごうりきしぞう

如意寺木造金剛力士像の写真1
如意寺木造金剛力士像の写真2

如意寺木造金剛力士像 京丹後市指定文化財

如意寺の金剛力士像は鎌倉時代の仏像である。開口している方を阿形像、閉口している方を吽形と呼ぶが那羅延密迹の別称もある。仁王は本来一体の執金剛神が二体となった分身と考えられている。阿はものの『はじまりを』を象徴し、万物の根源・真理に到達することを意味する。吽ものの終わりを象徴し、一切の知恵がそこに帰着し悪の門を閉ざして罪悪を遮断するとする。本像は、像高237センチメートル

(如意寺所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日