デジタルミュージアムC91八幡神社のムクロジ

八幡神社のムクロジ

はちまんじんじゃのむくろじ

八幡神社のムクロジの写真

八幡神社のムクロジ 京丹後市指定文化財

学名Sapindus mukorossi
分類ムクロジ科ムクロジ属
胸高幹周4.96メートル樹高31メートル

ムクロジ科に属する落葉高木で、本州中部以西の暖帯や亜熱帯に分布する。樹幹は通直、樹皮は帯黄褐色でなめらかであるが、外皮は厚片となってはげ落ちる。
八幡神社は、創立時期は不詳であるが、天保12年(1842年)の『丹哥府志』には記されている古社である。ムクロジは中国から入って神社や寺に植栽され、それが野生化したものいう一般的な見解と一致する。
枝の一部が損傷し、ワイヤーによる保全がなされているが、樹勢もあり、樹皮に脱皮の痕跡が見られることからまだまだ成長するものと思われる。
「八幡神社ムクロジ」は、樹齢400年程度と推測され、根元周も7.1メートルを測り、ムクロジとしては全国トップクラスの大きさである。

(鱒留区管理)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日