デジタルミュージアムC92生王部神社のスダジイ

生王部神社のスダジイ

いくおうべじんじゃのすだじい

生王部神社にそびえ立つ大きなスダジイの写真

生王部神社のスダジイ 京丹後市指定文化財

学名Castanopsis
分類ブナ科シイ属
胸高幹周6.76メートル 樹高14メートル

スダジイは本州新潟県以南の日本各地に分布する常緑の高木で、タブノキとともに日本の常緑広葉樹林を代表する樹木である。
「生王部神社スダジイ」は樹齢300年以上と推定され、本殿参道石段の横に位置することから、神木として歴代保護されてきたものと思われる。
枝の一部に雪などによる物理的損傷が見られるが、効果的な保護措置がとられている。
こぶに腐朽菌もなく、再生根が見られ、葉も大きく樹勢も盛んである。平成3年に京都の自然200選、網野町ふるさと自慢100選にも選定されている京丹後市内最大のシイノキでもある。

(生野内区管理)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日