デジタルミュージアムC11絹本著色不動明王像

絹本著色不動明王像

けんぽんちゃくしょくふどうみょうおうぞう

常立寺絹本著色不動明王像の写真

常立寺絹本著色不動明王像 京丹後市指定文化財

峰山町の常立寺には、絹本著色不動明王像が残る。款記はないが描写からみて妙沢の作と考えられる。妙沢は龍湫周沢といい、天竜寺の夢想国師に師事し、同寺の寿寧院に住し、鎌倉後期から南北朝時代に生きた人である。妙沢は不動明王像を毎日怠らずに一尊宛描いて二十余年に及んだと言われる。その遺作はかなり多く肉筆と版画が残り、本図は肉筆であり製作もすぐれている。縦81.0センチメートル横33.2センチメートル

(常立寺所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日