デジタルミュージアムC14絹本著色十王図

絹本著色十王図

けんぽんちゃくしょくじゅうおうず

縁城寺絹本著色十王図の写真

縁城寺絹本著色十王図 京丹後市指定文化財

峰山町橋木の縁城寺の「絹本著色十王図」は、揃物の十王図のうちの「宋帝大王」と「五官大王」の2幅が残ったもので、各幅に「慶元府車橋石板巷陸信忠筆」の款記(かんき)があります。陸信忠(りくしんちゅう)は、今から約800年前、宋時代の初めの寧波(ねいは)の画工で、中世日本へ輸入されたその十王図や羅漢図(らかんず)等は少なくないといわれています。十王図は、みなその図柄や大きさも等しく陸信忠一派の工房で製作されたものと思われています。この2幅は昭和16年に国の重要美術品に認定された貴重な文化財です。

(縁城寺所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日