デジタルミュージアムC28仲禅寺仁王尊

仲禅寺仁王尊

ちゅうぜんじにおうそん

仲禅寺仁王尊吽形の写真
仲禅寺仁王尊阿形の写真

仲禅寺仁王尊 京丹後市指定文化財

この一対の金剛力士像は、文明13年(1481年)に造立されたもので、吽形(うんぎょう)は江戸時代中期に手を加えられている。また、阿形(あぎょう)は火災により消失したため、宝暦9年(1759年)に造立し直されたものである。昭和53年に全面的な修理がほどこされた際、像の胎内(たいない)に納められていた棟札(むなふだ)などによって由来が知られることになった。仲禅寺は、今では、地名にその名前を残すだけだが、かつては七堂伽藍(しちどうがらん)を備えた立派な寺院であったと言われ、この仁王尊像はその盛衰の歴史を見続けてきた証人でもある。

(仲禅寺区所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日