デジタルミュージアムC29上山寺十一面観音菩薩立像

上山寺十一面観音菩薩立像

じょうさんじじゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう

上山寺十一面観音菩薩立像の写真

上山寺十一面観音菩薩立像 京丹後市指定文化財

本像は宝永四年(1707年)宮津城主奥平修理の寄進になる宮殿に納められており、内刳(うちぐり)のまったくない一木造(いちぼくづくり)で現状は古色を呈するが、一部に後補の痕をとどめる。左手に水瓶(すいびょう)を持ち、右手を垂下する通形の像で、その彫りは素朴で稚拙な感がある。特に頭部の小面や裳(もすそ)の折り返し、天衣(てんい)などは細かい彫りを見せず、単調な造形になる。後補部分も多く見受けられるが、平安時代後期の製作と思われ、上山寺の古い歴史を物語るものとして重要である。

(上山寺所有・古代の里資料館寄託)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日