デジタルミュージアムC36万休院茶壷

万休院茶壷

ばんきゅういんちゃつぼ

万休院茶壷の写真

万休院茶壷 京丹後市指定文化財

灰色素地でやや大形の四耳付、室町時代に瀬戸の基準作として注目すべきもの。古瀬戸のおこりについては次のように伝えられる。曹洞宗の開祖道元禅師が貞応2年(1223)仏道を求めて宋に渡った時、道元に従って彼の地に渡った人に加藤四郎左衛門景正がいた。彼は滞宋6年、作陶の法を学び帰国して後、詰所で窯を築いたが、仁治3年(1242)瀬戸の祖母懐に落ちついて瀬戸窯を開き、古瀬戸の焼成に成功した。瀬戸ではその後彼を陶祖とあがめている。この壷もその古瀬戸であり「享禄四月下旬祖母懐」と箆書きの銘がみられる。

(万休院所有)

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日