移住者向け補助金

京丹後市へ移住される方に、

居住する部分のリフォーム費用を最大230万円、引っ越し費用を最大10万円補助します。

注意:店舗など、居住する部分以外のリフォーム工事には補助できません。

リフォーム工事をする場合は最大230万円の補助となります。
申請手続きにお間違えがないように、申請前に市役所にご相談ください

空家改修補助申請の流れ

売買や賃貸の契約後に補助金の申請をして下さい

1.売買・賃貸の契約

京丹後市定住空家情報バンクに掲載されている物件を契約した場合に補助の対象となります。

なお、全ての物件が補助金の対象になるわけではありません。契約しようと思っている物件が補助金の対象になるかどうかは、不動産業者か市にお問い合わせください。

2.補助金の申請

売買や賃貸の契約が済んだら、工事をする前に申請してください。

なお、市役所に問い合わせていただいたら詳しい手続きを説明し、申請書をお渡しします。

3.リフォーム工事

リフォーム工事を実施してください。

4.補助金の請求

リフォーム工事が完了しましたら、市に実績報告書を提出してください。

市にご連絡いただいたら実績報告書の様式をお渡しします。

その後、補助金の請求となります。

補助金の振り込み時期は、請求いただいてから1か月以上かかる場合がございます。予めご了承ください。

補助の対象となる条件

1. 市外から住所を移転した者であること

2. 移住者が移住前に継続して2年以上市外に住所を有していた者であること

3.  移住者は、10年以上定住する意思を有する者であること 。なお、5年以内に転居したり、対象住居を取り壊しまたは譲渡した場合は、補助金返還を求めることがあります。

4. 移住者が、移住促進計画に記載する人材像、条件等に合致する者であること。なお、移住促進計画は地区が策定している計画のことです。移住前に地区役員の方との面談があり、その際に説明します。

5. 空家所有者と移住者(同居する者、同居する予定の者を含む)が2親等以内の親族でないこと 

6. リフォームの補助金は、移住の前後1年以内に申請すること 。物件の契約日から1年以内に住所を京丹後に移してください。

7. リフォームの補助金で、水洗化上乗せ補助の申請をする場合、補助対象工事の全てを、市内に本社または営業所を有する事業者に発注すること。また、水洗化推進支援事業補助金との併用はできません。

8.地区等に移住促進計画が策定されていること

策定している地区等はコチラ(PDFファイル:93KB)

9.京丹後市定住空家情報バンクの登録物件であること

10.改修工事等の工前の申請であること。

引っ越し代補助申請の流れ

空家改修補助の対象となる移住者が申請できる補助金です。

まずはお問い合わせください。

更新日:2021年10月13日