ごみの捨て方【新型コロナウイルス感染症予防】

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、新型コロナウイルス感染症に感染した方やその疑いのある方などがご家庭にいらっしゃる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュ、おむつ等をごみで出す場合は、以下の3つのことを心がけ、可燃ごみの収集日に出してください。

1.ごみに直接触れない

ビニール袋などに入れて密封してから、指定ごみ袋に入れる

2.ごみ袋はしっかりしばって封をする

収集する際に中身が出ないように、ごみ袋の口をしっかり結んで出す

3.ごみを捨てた後は手を洗う

 

ごみの捨て方

      家庭ごみの収集は市民の皆様の衛生的な生活を維持する上で欠かすことのできない

     業務であり、新型コロナウイルスの感染拡大状況に関わらず、継続して収集作業を実施

     する予定です。

      ごみの収集を安全に継続して行うためにも、ご理解、ご協力をお願いします。

  なお、ご家庭からごみを出すとき、以下の5つのことに気を付けていただくことで、ご家族やごみを収集・処理する作業員を新型コロナウイルスなどの感染症から守る有効な対策となりますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。
 

  • ごみ袋はしっかり縛って封をしましょう。
  • ごみ袋の空気を抜いて出しましょう。
  • 生ごみは水切りをしましょう。
  • 普段からごみの減量を心がけましょう。
  • 自治体の分別、収集ルールを確認しましょう。
この記事に関するお問い合わせ先

市民環境部 生活環境課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0240 ファックス:0772-62-6716
お問い合わせフォーム

更新日:2020年05月19日