子宮頸がん予防ワクチンのキャッチアップ接種について

 令和3年12月28日厚生労働省の通知により、HPVワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した方に対して公平な接種機会を確保する観点から、積極的な勧奨を差し控えている間に定期接種の対象であった平成9年度生まれから平成17年度生まれまでの女子を対象に、キャッチアップ接種を行うこととなりました。

 この通知を受け、令和4年4月以降、市で管理する接種履歴に基づき、対象となる方へ段階的にご案内・予診票を送付する予定です。急ぎ予診票が必要な方は、令和4年4月以降に健康推進課へご連絡ください。

 注)キャッチアップ接種対象者の方は、「キャッチアップ接種用」と記載のある予診票をお使いいただきますようお願いします。

1)期間 : 令和4年4月から令和7年3月まで

2)HPVワクチンを過去に1回または2回接種した後、接種を中断し、3回接種のスケジュールを最後まで完了していない方は、「標準的なスケジュールで接種できない場合のスケジュール」で接種を進めます。初めて接種を開始する方は、標準的なスケジュール※に沿って進めます。

3)キャッチアップ接種対象者で、過去に接種したワクチンの種類が不明な場合に限り交互接種が可能です(原則3回とも同じ種類のワクチンを接種します)。接種履歴が不明な場合は、当時住んでいた市区町村や、接種を実施たと思われる医療機関へお問い合わせください。その上でご不明な場合は、予防接種を行う医師と接種についてご相談ください。

これまでの経緯

  HPVワクチンは平成25年4月1日から定期予防接種として実施していますが、接種後の痛みや運動障害などの多様な症状の報告が相次いだことから、厚生労働省は,年6月14日から現在まで積極的な接種勧奨を差し控えていました。

 令和3年11月26日厚生労働省の通知により、子宮頸がん予防ワクチンの接種勧奨を再開することとなりました。これは、国の検討部会において、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、ワクチン接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたためです。また、令和3年12月28日の通知において、接種対象者等に対して接種について検討・判断するための適切かつ十分な情報が提供されること、接種を希望する者が滞りなく定期接種を完了できること、ヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種後に体調の変化等の症状が生じた方(以下「接種後有症状者」という。)に対して必要な支援が円滑に提供されることが重要として、体制強化に取り組むこととしています。

HPVワクチンを含む予防接種についての相談

厚生労働省では、「感染症・予防接種相談窓口」を開設しています。

下記相談窓口では、HPVワクチンを含む、予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他の感染症全般についての相談に応じています。

電話番号:03-5276-9337

受付時間:平日9時~17時(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

※行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません。

※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者により運営されています。

厚生労働省HPVワクチンに関するQ&A

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/hpv_qa.html

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/medical_institution/index.html

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0350 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2022年04月14日