子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨を差し控えます

子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日から予防接種法に基づく予防接種(定期の予防接種)として実施していますが、本年6月14日に厚生労働省において開催された「平成25年度第2回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」、「平成25年度第2回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会」(合同開催)において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が、ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度などがより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされました。

これを受けた厚生労働省の通知に従い、本市も、子宮頸がん予防ワクチンについて、定期接種の中止ではなく、継続するものの、積極的な接種の勧奨を当面の間、差し控えることとなりましたことをお知らせします。
なお、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていませんが、接種を希望される場合は、その有効性と接種による副作用(専門的には「副反応」といいます。)が起こるリスクを十分にご理解いただいた上で受けるようにしてください。

参考資料

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0350 ファックス:0772-62-1156
お問い合わせフォーム

更新日:2018年03月27日