産婦健康診査事業・産後ケア事業

 京丹後市では、平成30年度から、産後間もない時期のお母さんが出産病院で受ける産婦健康診査に対して、健診費用を助成しています。

 また、心身の不調や育児不安などがあり、家族等から十分な支援が受けられない母子が利用できる産後ケア事業を開始し、子育てのスタート時期(退院直後から生後4カ月頃)の支援体制を強化しました。

産婦健康診査事業

  • 産婦一人につき、5,000円を上限とした受診券を1枚交付します。産婦健康診査受診券は、妊娠届出時に妊婦健康診査受診券等と同時に交付します。
  • 産後2週間目(または1カ月目)の産婦健康診査受診時に、受診券を提示することで健診費用を市が負担します。

対象者

市内に住所があり、平成30年4月1日以降に出産された産婦

受診場所

 出産医療機関等

健診内容

お医者さん

 問診・診察、体重測定、血圧測定、尿検査、保健指導、心の健康チェック

府外医療機関の一部では、この健診内容を満たしていないため助成対象とならない場合があります。

府外で受診されたかた

里帰り出産などで府外の医療機関等で健診を受ける場合は、自己負担により受診後、市に申請することにより、助成が受けられます。

申請に必要なもの

  • 産婦健康診査助成金交付申請書(振込先がわかるものを持参してください)
  • 産婦健康診査受診券(医療機関にて、太枠欄への記載をしてもらってください)
  • 領収書(医療機関が発行したもの)
  • 印鑑

 

産後ケア事業

「宿泊型」と「デイサービス型」を実施します。

対象者

 市内に住所がある生後4カ月未満の赤ちゃんとお母さんのうち、保健師、助産師または看護師等による心身のケアが必要であり、家族等から出産後の援助が受けられないかた。

実施場所

宿泊型

弥栄病院

デイサービス型

 峰山乳児院

ケアの内容

ママと赤ちゃん

母子の体調等にあわせ、以下のケアを受けることができます。

  • からだのサポート(お母さんの体調管理、母乳相談など)
  • こころのサポート(お母さんのこころの休養、育児相談など)
  • 育児のサポート(沐浴、授乳方法などの指導)

自己負担

宿泊型

  • 市民税課税世帯:1泊6,000円
  • 市民税非課税・生活保護世帯:1泊1,500円

デイサービス型

  • 市民税課税世帯:1日2,000円
  • 市民税非課税・生活保護世帯:1日500円

申し込み方法

京丹後市子育て世代包括支援センターはぐはぐ(電話69-0370)にご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康長寿福祉部 健康推進課
〒627-0012
京都府京丹後市峰山町杉谷691番地(福祉事務所)
電話番号:0772-69-0350 ファックス:0772-62-1156
メールでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年05月29日