三嶋田神社石造物(石造地蔵菩薩立像・石造釈迦如来立像・石造聖観世音菩薩立像)(市指定文化財)

三嶋田神社石造物
(石造地蔵菩薩立像・石造釈迦如来立像・石造聖観世音菩薩立像) 

みしまだじんじゃせきぞうぶつ
せきぞうじぞうぼさつりゅうぞう せきぞうしゃかにょらいりゅうぞう せきぞうせいかんぜおんぼさつりゅうぞう

三嶋田神社石造物3躯の写真

三嶋田神社石造物 三躯 京丹後市指定文化財(彫刻)
石造地蔵菩薩立像(写真左) 石造釈迦如来立像(写真中央) 石造聖観世音菩薩立像(写真右) 

 石造地蔵菩薩立像石造釈迦如来立像、石造聖観世音菩薩立像は、久美浜町三嶋田(みしまだ)神社の境内南西にある覆屋(おおいや)内に祀られる石造物群です。この三躯は、ほかの覆屋(おおいや)内の石造物とともに神社北東側にかつてあった神宮寺のものと伝えられています。
 三躯ともに、顔は眉から鼻筋を一体で表現し、衣文(えもん)や手足の表現なども類似することから、同じ石工(いしく)により近い時期に造像されたものと推定されます。中央の石造釈迦如来立像の背には、「永享十二年六月十九日」(永享12年は西暦1440年にあたります)の銘があり、15世紀中葉の石造物といえます。
 丹後地域においては、室町時代中期の数少ない在銘石造物であり、三嶋田神社の神宮寺を考える上でも貴重な資料です。

 

〈法量〉
1.石造地蔵菩薩立像:高さ133センチメートル
2.石造釈迦如来立像:高さ151センチメートル
3.石造聖観世音菩薩立像:高さ136センチメートル
 

(金谷区所有)

関連する項目

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会事務局 文化財保護課
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町口大野226番地(大宮庁舎)
電話番号:0772-69-0640 ファックス:0772-68-9061
お問い合わせフォーム

更新日:2020年10月02日