京丹後市は「2050年ゼロ・カーボンシテイ」を宣言しました

 近年、地球温暖化が原因と考えられる気候変動がもたらす影響が世界中で観測され、様々な影響リスクが現在及び将来にわたって懸念されています。
 京丹後市は国際社会の一員として、地球的規模の環境保全について地域から取り組むとともに、本市のまちづくり基本条例で掲げる「美しいふるさとの自然環境を守り次代に継承するまちづくり」を目指し、未来を生きる京丹後と世界の子ども達のためにも、2050年までに本市の二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指す「ゼロ・カーボンシティ」の実現へ向けて取り組むことを市長が宣言しました。

実質ゼロ:二酸化炭素などの温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と、森林等の吸収源による除去量との間の均衡を達成すること

 

京丹後市「2050年ゼロ・カーボンシティ宣言」

「2050年ゼロ・カーボンシティ」の実現に向けた主な取組

  • SDGs貢献型資源循環再生化事業の調査・検討を行い、推進に努めます。
  • 第3期京丹後市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)の長期目標とし「2050年二酸化炭素排出実質ゼロ」を設定し、市役所の事務事業における率先垂範を市民や事業者に示します。
  • 現在、見直し作業が進められている国の「地球温暖化対策計画」及び本市の「2050年ゼロ・カーボンシティ宣言」との整合を図るため、今後、本市地球温暖化対策実行計画の区域施策編及び事務事業編における削減目標や取組内容等を見直します。

市の関連計画

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

市民環境部 生活環境課
〒627-8567
京都府京丹後市峰山町杉谷889番地(峰山庁舎)
電話番号:0772-69-0240 ファックス:0772-62-6716
お問い合わせフォーム

更新日:2021年01月12日